Be In Bloom

大好き!!だけど、まだ良く知らないNew YorkやBroadwayのことを、つらつらと書き連ねるヒトリゴト。
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
LINKS
PROFILE
SEARCH
WEATHER
Youtube TVの値上げ
今までYoutube TVでテレビを見ていたのですが、
数週間前に急に$10も値上げをするというアナウンスがありました。
その代わりにチャンネルを増やすということだったけど、
$40と他よりも安かったから利用していたのに、
$50だったら他にも選択肢があるので、さっさと退会。
今週からhuluを使っています。月額$44.99。
huluはいつの間にか、Live TVもサービスの対象になっていたのですね。

テレビっ子というわけではありませんが、
スポーツを見ようと思うと専門チャンネルに入る必要があり、
特にヤンキース戦が見たいので、こういうサービスを利用しています。

あと、iPhoneでも見られるのでジムで走りながら
Liveのテレビ番組だったり、録画しておいた番組を見られるのがありがたい。
(去年のW杯中は仕事中にこれで試合を見ていました...笑)
アイスホッケーの試合だけは、iPhoneだと画面が小さくて
パックが見づらいですが(笑)

世間一般ではテレビ離れが言われていますが、
割と私はテレビを見ていると思います。
スポーツもそうだけど、ニュースも日々の生活には欠かせないし、
ドラマもジムの時にはよいお供。

テレビなしの生活は考えられないなぁ。
| heather | 日常 | comments(0) | trackbacks(0) |
和食器の買い足しとIKEAの家具
19日からイースターウィークエンドで3連休です。
来週久しぶりにレースがあるのでジムの回数を増やしたのと、
衣替え(今更)、部屋の掃除など、
ゆっくり休みがあるときにやりたいことを今まとめて実行中。

●和食器の買い足し
家のキッチンがあまり広くなく、収納スペースもそこまでないので、
食器は必要最低限しか持っていなかったのですが、
収納用のラックを買ったらいい感じにスペースが増えたので、
食器を買い足すことにしました。

3rd AveにMTC Kitchenという和食器屋さんがあって、
値段も割と手頃なので、ここで和食器を見にいくことが多いです。
お茶茶碗だけなかなか好みのものに出合えないのですが、
これまでにここで、ご飯茶碗や小皿などを買いました。

このお店、いいんだけど、平日の9am〜5pmしか営業しておらず、
平日に休みがあるときにしか行けません。
土日のどっちかだけでもやってくれたらしいんだけど。

さて、今回欲しかったのは、
カレーに使える少し深さのある大皿とうどん用のお椀。
これまでカレーにはFishes Eddyの大皿を使っていたけど、
やっぱり深さがあるほうがいいなぁと探していました。
うどんにはどんぶりを代用していましたが、
さすがに合わないので、ちゃんとしたものを買おうと思っていました。

で、買ったのがこれ。



大きさの縮尺がおかしいですが、下がうどんのお椀です。
シンプルだけど、少し模様がついているのが好きなので、
気に入ったものが見つかってよかったです。


●IKEAの家具
IKEAにポスターや写真のフレーム探しに行ったのですが、
好きだったタイプの写真フレームは完売...。
オンライン上だとBrooklyn店には在庫が83個あると出てくるのに、
店には置いてありませんでした。

せっかくBrooklynの端っこまで来たんだから、
家具でもゆっくり見ていくかとフラフラしていたら、
そういえばナイトスタンドが欲しいかもと思い立ち、
これ買ってきました(笑)


1時間程度で組み立てられました。
前に手動のスクリューだけで家具を組み立てたら
手にマメができたことがあったので、
今はIKEAで買った電動スクリューを使っているのですが、
これがあるとすぐ作業ができますね。

IKEAクオリティーではありますが、
まあまあ安定性のあるものだったのでよしとします。
値段も$40弱と安かったし。
ただ13kgも重さがあって、Brooklynから持ち帰るのは
なかなか大変でした...。
| heather | 日常 | comments(0) | trackbacks(0) |
桜を見る
桜を見ないとなんとなく春が始まった感じがしないので、
今年もRoosevelt Isladの桜を見てきました。
ちょうどCherry Blossom Festivalをやっている日に行ったら、
荷物検査がありました。それを通るのに10分ぐらい待ったかも。

島の端っこの方で、日本の和太鼓や舞踊などの出し物があったらしいのですが、
そこはパスして、桜を見ることだけに集中(笑)
朝まで天気が悪く、前夜は雨も降ったのですが、
桜はそこまで落ちなかったようで、まさに見頃でした。





日系のお弁当屋さんのテントなどが出ていましたが、
この時期だけ、外でお酒を飲んでもOKにして欲しいです(笑)
| heather | 日常 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019年観劇10本目 : Kiss Me, Kate
2019/4/10 Wed 7pm
Kiss Me, Kate
Studio 54
ORCH B10 $89

この日はいつもより少しお金を出して
ディスカウントコードでチケットを買いました。
続きを読む >>
| heather | Broadway観劇 | comments(0) | trackbacks(0) |
Kiss Me, KateのReview
もうすぐオープンして1ヶ月たってしまいますが、
自分のためにKiss Me, KateのReviewをまとめておこうと思います。
ま、批評は分かれましたけど、私は好きです。

The New York Times
Review: A Fair Fight Makes ‘Kiss Me, Kate’ Lovable Again
If no one else is singing at that level — Mr. Chase, charmingly vain in the book scenes, lacks only the effortlessness necessary to ace his numbers — Porter’s score remains an astonishing encyclopedia of musical comedy style.

Los Angels Times
Review: ‘Kiss Me, Kate’ from Roundabout Theatre has more showmanship than chemistry
Chase has the pencil mustache and cocky aloofness of a knockoff Clark Gable. The roguery and raillery are in place, and he has a pleasing way with a song, but his instincts for clowning undermine his suavity. Chase and O’Hara seem no more destined to be together as performers than Fred and Lilli seem fated to be reunited as a theater couple.

Chase exudes the perfect oily charm and exasperated panic as the actor-producer who finds his show coming apart at the seams, as well as decency under the bluster and swagger.

Observer
Kiss #MeToo Kate: A Broadway Classic Gets Consent
But here’s Kelli O’Hara and Will Chase in Kiss Me, Kate, putting the boot into each other’s gluteus maximus multiple times as the congenitally quarrelsome stage couple Lilli Vanessi and Fred Graham.

amNY
'Kiss Me Kate' review: Misguided revival of a classic musical comedy
Similarly, Will Chase is a veteran of rock musicals trying to branch out into more traditional material. Like O’Hara, Chase is limited in his comic abilities, but he manages to give a relatively decent performance.

Variety
Broadway Review: ‘Kiss Me, Kate’
Chase, always likable, solidly lands the double-entendre jokes in “Where Is the Life I Led.”

What keeps audiences continually engaged are Porter’s songs, which show off an impressive range of standards and styles; a Viennese waltz, a gavotte, a jazz turn, a now-classic showbiz anthem, a music hall ditty and several minor key ballads, including O’Hara’s haunting (and slightly disturbing) “So in Love” or Chase’s powerful “Were Thine That Special Face.”

Entertainment
Kelli O’Hara helps Broadway's Kiss Me, Kate revival soar: EW review
The delightful Chase has embraced some of Fred’s goofiness, too, and he and O’Hara play off one another perfectly.

The Wrap
‘Kiss Me, Kate’ Broadway Review: Kelli O’Hara and Will Chase Are So in Love
Where there’s smoke, there’s fire — and Chase presents a red-hot lover on the rebound. He eschews playing the impresario-actor Fred Graham as a big ham. He’s actually an excellent Petruchio in the musical-within-a-musical scenes, and his pursuit of Lilli backstage is tinged with just enough recklessness to make it real. It’s a little odd to hear this character’s music, originally written for a bass-baritone, to be sung by a lighter voice. Chase’s best notes are up there in tenor territory, but at least they’re good notes.

In that 1999 revival, Marin Mazzie gave the audience a big wink at show’s end to assuage any sexist taint. O’Hara’s wry retreat with Chase is much more sophisticated.

Deadline
‘Kiss Me, Kate’ Broadway Review: Will Chase, Kelli O’Hara Stay True To Cole Porter’s Fashion – In Their Way
Kelli O’Hara and Will Chase are so evenly matched – in performance, talent and temperament – that it’s hard to imagine a more finely balanced battle de deux.

NY Post
Raunchy, gutsy ‘Kiss Me, Kate’ showcases glorious Kelli O’Hara
But the stars make the most of it. Chase, a Broadway vet and star of TV’s “Nashville,” makes a convincingly pompous and preening chauvinist, especially when he’s singing “I’ve Come to Wive It Wealthily in Padua.”

The Washington Post
On Broadway, I just saw my first ‘Kiss Me, Kate.’ It was worth the wait.

Vulture
Theater Review: Can Kiss Me, Kate Survive a 2019 Gaze?
O’Hara’s rendition of the plaintive, soaring torch song “So in Love” is enough, in any context, to provoke full-body goosebumps, but when Chase gets around to reprising it near the end of the show, while he too sounds great, the song itself feels unearned. Something in the performances has got to convince us that Lilli and Fred are, despite everything, inexorably meant for each other — the light-as-angel-food-cake script’s not gonna do it — but here, there’s a pathos and a depth of connection missing. Chase is the right kind of charismatic — and game as hell — and O’Hara has poise for days, but somehow when they’re together their chemistry comes in sparks but not in heat waves.

Newsday
'Kiss Me, Kate' review: The music is still 'Wunderbar'

Daily News
REVIEW: 'Kiss Me Kate' on Broadway makes for a pleasurable evening in the company of seasoned theater pros
O’Hara bats around Will Chase, her co-star, with enough force that you know who is in charge here, and that would be Lili Vanessi, not Fred Graham, the actor/manager playing Petruchio in the show within a show. Chase is a very savvy lead, not least because he knows what not to do, which is just as important as what he actually does.

Journal Inquirer
STAGE REVIEW: ‘Kiss Me Kate’ revival squashes original’s important message
Will Chase is excellent, giving Fred a balance of arrogance and ignorance that keeps him as endearing as possible.

The Island Now
Theater Review: ‘Kiss Me Kate’
Will Chase (TV”s “Nashville”) as Frederick is a fine match for O’Hara. Although his voice is not on par with hers, his energy and verve make him an attractive leading man. Charming, he works really hard, especially in songs like “Where Is the Life that Late I Led.”
 
| heather | Will Chase | comments(0) | trackbacks(0) |
WDW&NY旅行-9 NY最終日
WDW&NY旅行-9 NY最終日

この日は夕方の便で妹が日本に帰ります。
でもその前に、最後のお土産の買い出し。
また雪が降って、少し積もっていたのですが、
お昼前には止んで、飛行機には影響はありませんでした。


最後の買い出しはTrader Joe'sへ。
どこのトレジョに行くか迷いましたが、
32nd Stにあるトレジョにしました。
ここのトレジョは平日の夕方もそこまで混まないので、
仕事帰りにたまに行く場所です。
朝早かったこともあり空いていて、ゆっくりお土産探しができました。
ただ、6番の電車がなかなか来なくて、帰りは家に帰るのに結構時間がかかりました。
電車を考慮したら14thの方が便利だったかな。

最後のお楽しみはAさんとボーイズとのブランチ。
妹がボーイズのファンなので(笑)、時間を作っていただきました。
ボーイズがたこ焼きの歌を披露してくれたり、
短い時間ですが、楽しいブランチをすることができました。
また集まりましょー。

最後はJFKまで見送り。
この日、いつも通りの土日ですが、ダイヤ変更があったりして、
空港に着くのにだいぶ時間がかかってねぇ。
土日は電車移動だとほんとに時間がかかりますねぇ。
でもそれを見越して少し早めに出ていたけど、
まぁJFKが遠い、遠い。

無事チェックインを終え、
久しぶりの姉妹旅行もおしまいです。
| heather | WDW&NY旅行-19年2月 | comments(2) | trackbacks(0) |
WDW&NY旅行-8 NY2日目
WDW&NY旅行-8 NY2日目

2日目。
NYにいたら、美味しいものが食べたい、ということで、
朝はLocanda Verdeへ。

頼んだのはレモンリコッタパンケーキとMushroom Frittata。
二人でシェアしながら食べましたが、
どっちも美味しくて、大満足。
WDWのご飯とはレベルが違いますね(笑)





しっかり朝ごはんを食べた後は
チェルシーマーケット近辺に移動して、
Starbucks Reserve Roastery NYCに行ってみました。
お腹がいっぱいだったので、特に何も食べずコーヒーだけ飲みました。
スタバも日々来る場所ではなく、
特別な体験の場所、として作ってるんだけろうけど、
ちょっと騒がしいので落ち着ける感じではないですね。

飲み終わったらすぐにスタバを後にして、
チェルシーマーケット等でお土産の買い出し。
それからちょっと街歩きをして、
TiffanyのBlue Box Cafeへ。

味はそうでもないという噂は聞いていましたが(笑)、
誰かゲストが来る機会でもないと、こういうところは行かないので、
予約争奪戦に参戦し、テーブルを予約しました。
30日前から予約ができるんだったっけね。
予約開始後、あっという間に全ての枠が埋まっていました。

本当は「ティファニーで朝食を」がしたかったのですが、
このレストラン、オープンが10時と遅め。
10時まで朝食を待てる気がしなかったので、
3pmに予約を入れて、アフタヌーンティーをいただきました。







噂通り、味は普通(笑)
でも食器がティファニーブルーでかわいらしかったり、
チョコレートなどもティファニーブルーで色付けされていたり、
これでもか!というぐらいティファニー押しなのも、
それはそれでかわいらしかったです。



夜はマディソンスクエアガーデンにアイスホッケーを見にいきました。
Rangers vs Canadiansの試合。
後ろの方の席でしたが、真横から見られる席を買いました。

周りのRangersファンの愚痴を聞いていると、
先制しても途中で逆転されてダメになるのがRangersらしく(笑)
この日も先制はしたものの4-2で負けたのですが、
一流の試合を生で見るのはやはり面白い!
アイスホッケーはパックを打ち合う音に迫力があるし、
壁を使って跳ね返してパスを通したり、
ゴールの後ろを使ったり、他の競技とは違う点があって、
スポーツそのものとしても独特でおもしろいですよね。
結局二人でビールを1杯買っただけで、
あとは真剣に試合に見入っていました。

妹と私は性格はまるで違って、姉妹じゃなかったら、
友達になるタイプでもないのですが(笑)
旅行先での優先順位や、スポーツや芸術を楽しむところは似ていて、
急遽決めたアイスホッケー観戦だったけど、
ふたりでワイワイと盛り上がれたのでよかったです。
あ、でもKiss Me, Kateは、Willさんはいいや、と断られたんですけどね(笑)。

家に帰ってきてからは、駅近辺のベンダーのサブラキの買ってきて、
ビールで乾杯しました。いよいよ翌日は最終日。
| heather | WDW&NY旅行-19年2月 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>